« 2013/09/16 | トップページ | 2013/09/25の日記 »

北方稜線 2013/09/20~22

 2008年に赤谷山に紅葉ハイキングに行って北方稜線という物を眺め「いつか歩きたいね!」と言って下りてきた。今年やっと実現!10月になってから歩けば紅葉も綺麗だと思うけど雪も心配だし荷物も増えてしまうのでこの連休。3日と予備1日。今回は食料を少なめにして全部自分で背負ってみた。途中で汲む予定の水なしで13㌔越えてる。13㌔までが安心重量なのでちょっと心配。

1  馬場島は金曜日7時で満車。路駐もいっぱい!明日からはどうなるんだろう?まー、下の駐車場は一台も停まってなかったけどね。鍋平に比べれば全然近い。林道の入り口のゲートは閉まってる。もう開かないのかな?今回は関係ないからいいけど。去年、大猫山に来た時は予想外だったのでかなり長く感じたけど今回は早く感じた。取水口は工事でかなり変わっていて登山道がすっかり分からなくなって完全なヤブになっていた。赤谷山登山道全体がヤブで既に最初からヤブか~って思いながら歩いた。前回は綺麗だったから手入れする人が居なくなったってことかな?赤谷山山頂はやっぱり良い所だった。イノシシの群れがいてビビった!笹ヤブから出てくることはなかったのでイノシシもワザワザは襲って来ないものなんだろうと思ったが初めてのことで怖かった。今日はココには泊れないな。2 白萩山に向かう踏み後を間違えて少しの間キツイヤブだったけど修正して快適に進んだ。確実に人の手が入った跡のあるヤブなので忠実に進めば沢のツメよりずっと楽々。山頂付近と思われるところで完全に見失ったけど左斜面に下りたら草原の踏み後に出た。たまたま出たのか何となく道になってたのか判然としないけどこっちかな?という雰囲気はあった。草原を進んで予定の苔のある池塘に着いた。3 草原テン場は写真映えはするけど快適性はイマイチ。やっぱり砂地が一番。水も担ぎあげるので今日の食事はレトルト。カレーと角煮を混ぜて角煮カレー♪これはウマい。夜もあまり冷え込まずよく寝られた。

 2日目は6時前に出発。薄い雲が有る。ダーの情報では今日の赤ハゲの登りがヤブきついとのことだったけど灌木で空いてて所々木も払ってあるしそれこそ沢の巻きより数段楽だな~と思いながら歩いた。目の前のヤブだけを見ながら歩いてうちに白ハゲに到着イイ感じの草原で剣の展望良好!気持ち良い!4 これから大窓までの稜線はトゲトゲで私の眼には稜線は無理としか思えないし切り立ってて巻きも有るのかな?って感じに見えた。けど皆歩いてるところだし何と言ってもカメタカ&西川さんが行ってるってことが一番の安心材料。ルートは有るんだろうなと思って快適な白ハゲの斜面を下った。歩けそうに思えなかったとこは絶妙に巻道が着いてる。スゴイな~。確かこのあたりで岩稜右側の巻きでスリリングな一歩があったな。大窓に下りた。広い。馬場島からココに登るコースもあるみたい。ココから池の平山の登りになるこの登りはみんなけっこう苦労してるとダーが言った。1ヶ所怖い所があった。難しくはないけど落ちたらヤバそう。ダーがザックを置いて登ってロープで引き上げて私は確保してもらった。うーん、ゴボウの方が楽そうだった。後は問題なく山頂にヒョコっと出た。ここもまた展望がスゴイ!剱がドンドン近づいてくる。池の平山山頂からは気持ちいい草原に明瞭な踏み跡が着いてる。イイ感じ~♪と思ったらそっちは池の平小屋に向かうみたい。でも歩きたいとこだな~!いつか紅葉の時に池の平小屋泊でこの道を歩こう!6 池の平山の下り悪いらしいとまたダーが言った。最初のうちは手入れしてない登山道って感じだったのが一部完全なハイマツのヤブで道分からず。なぜか道に出た。細い尾根だから必然的に出るのだろうか?急な下りでロープだらけ。あんまりつかまりたくはないけどつかまらないと下りられない。そして小窓に到着。2時前。1時なら三の窓まで行って三時ならやめると言ってたので微妙な時間。とりあえずダーが水汲みに行ってくれて私はお昼寝。7 ヨダレにヒヤっとして目を覚ましたら30分くらいたってた。帰ってくる様子はない。一時間経ってしまったので探しに行ってみた。少し下ったところで登ってくるダーが見えて一安心。結局1時間半の水汲みになり今日の行動は終了。

8  3日目も6時前出発。イイ感じの草付きを気持ちよく登って行く。昨日すれ違ったガイドパーティーらしき人が雪渓の横断が一ヶ所あるけどステップ切ってあってアイゼン要らずと言っていたが朝はカチカチで歩幅が大きいので月曜日に急遽買った6本爪アイゼン使用。アイゼン無かったら怖いな。登り調子のトラバースで小窓の王の基部に到着。げー!なんじゃこりゃ!って景色。岩の箱庭というか見たことない景色で面白いけどザレの下りで三ノ窓に行ってザレの長い登りが待ってるよ!ココの下り、登りが一番緊張したな。ちょうど前にも後ろにも人が居ないタイミングだったので本当に良かった。しかし、こんな三ノ窓では多分落ち着いて寝ることも出来なかったので小窓泊で良かった~なんとか落石起こさずに池ノ谷乗越到着。9休憩してから階段状を池ノ谷尾根の頭?に登ったところでガイドパーティー。少し会話してこのぽってりした体形はシミテツ?と思ったけど自信がないので何も言わなんどいた。帰って調べたらやっぱりシミテツだったみたい。ダーは全然分からなかったそうだ。ダーにとっては神だろうに。 ココからはなんか人がいっぱいで落石などに気を使い記憶もイマイチ。楽しさもイマイチだった。長次郎の頭は巻いたみたいで懸垂を一回。残置ロープで下れそうだけどこの為にもって来たハーネスを使わねば!コルでハーネスを外してたら後ろから来たお兄さんが何処からですか?というので小窓って答えたら池ノ平小屋?っていうので赤谷山からと答えた。ずっと縦走?って聞かれたのでそーでーす♪と。後の登りは全くの登山道で快適。最後は緩やかの登りをあっけなく山頂。10オジサンにこっちから来たの?と聞かれてそうですと答え、また池ノ平小屋?って聞くので赤谷山と答えたがそのオジサンは赤谷山が分からないようだった。山頂北側で歩いてきた稜線を眺めながら休憩してたらオジサンがやってきて道あるの?って。踏み跡程度です。って答えたら地図に道ないよってエアリア見ながら言ってる。次にさっきのお兄さんが色々ルート状況を聞きに来て参考になりましたと言ってた。あのお兄さんはきっと行くんだろうな。沢やってるみたいだったし。 さてまだ長い長い早月の下りがある。そして下り始めてドンドン暑くなる。小屋でビールを飲んで少し酔っぱらって残りを下る。汗ダラダラで車に着。

1_3  温泉は今回もみのわ温泉@¥510-満足。帰りがけに魚津でラーメン屋に入ったが去年下ノ廊下の帰りに行った魚津駅前のラーメン屋にそっくりの味だったつまりオイシクナイ…。 最後にコケタ魚津はラーメンイマイチ?山でかいた汗と塩っ辛いラーメンで家までに3本のジュースとお茶を飲んで帰った。

 ☆感想
①登山口~赤谷山 ヤブになってた(。>0<。)
②赤谷山~白ハゲ 程よいヤブ(なんじゃそりゃ)
③白ハゲ~小窓 程よい岩綾&ヤブMIX
④小窓~小窓ノ王の基部 気持ち良い斜面
⑤小窓ノ王の基部~池ノ谷乗越 コワイ
⑥池ノ谷乗越~長次郎のコル ツマンナイ
⑦長次郎のコル~山頂 快適、楽しい

全体に楽しかった。ヤブ嫌いなのに何でかな?笹藪じゃないから?きつすぎないから?もし登山道が着いたらけっこう人気コースになるんだろうな。

|

« 2013/09/16 | トップページ | 2013/09/25の日記 »

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013/09/16 | トップページ | 2013/09/25の日記 »