« 燕 2013/09/27 | トップページ | 2013/10/02 »

笠ヶ岳 2013/09/28~29

 杓子平は大好き!ダーが前から穴毛谷をつめればあん中歩けるから穴毛谷行こうって言ってた。今年順番が回ってきた。どうやら横尾谷っぽい感じ。沢靴もいらなそう。あすちん参加で三人で行って来た。あすちんは沢山背負いたいらしいので食料ほとんど持たせた。有りがたい!おかげで私のザックは秋なのに~10㌔

1_2  穴毛谷は林道歩いてから入るんだけど前にスキーで行ったのにすっかり忘れた。モジャモジャの堰堤で首に虫さされ!手拭い巻いとくんだった!堰堤が終わったら長い長いゴーロ歩き。濡れないってのはホントに疲れなくていい。沢がいつも濡れずに歩けたらもうちょっとは好きなのにな~。そんなの沢登りじゃないよって言われそうだけど。

 聞くの忘れたけどアイゼン要らんかったよねーなんて言ってたのに雪渓があるやん!それもアイゼンって問題じゃない。壁になってるしブリッジの真ん中あたりにヒビもあれば手前に柱状に残って斜めに立ってる雪渓もあってくぐるのは自殺行為と思われる感じ。左岸は崖。近づいたら右岸を楽に巻けたので良かったけどダメならゴーロ歩きで終わるとこだった。

2_4  雪渓を越えたらすぐに穴毛大滝。だんだん源頭に近づいてきた。ここでダーが尾根を越えなきゃと。そういえばスキーの時も越えたな。今回スバラシイルート取りで尾根を越えられた。ヤブのルート取りは難しいね~。流石ダーリンと言っておこうそしてココからがイ4_2 イ感じ~草原の源頭で階段状というかサイコロ状のテクテク滝が出てきて何と言っても始まったばかりの紅葉と青い空が素晴らしーじゃありませんか!杓子平を少し下りた所はこんなイイ所だったんだねぇ上から見れば分かるってもんかもしれないけど杓子平に出た途端低い灌木のヤブになったしまって少々苦労してから登山道に出た。前後10~20人くらい人がいた?みなさんお疲れ模様でした。稜線までモクモクと歩き、後は楽しい稜線歩きでテン場に到着。

 確か前に一人で来た時は9時出の17時着くらいだったか?テン場もけっこういっぱいで先に居た人たちが「ココあけといたよ♪」って間に張らせてくれた。三十半ばだったからオジサンたちは優しかったのだ。今となってはそんなことはありえないだろうな~。混雑したテン場で40女が単独で(なぜかうすら笑いなのはどうしてだろう?)飲み食いしてるのって見るに堪えない。まだバーサンの方がマシ。まー何しろ笠のテン場は空いてて快適。昨今のキチキチなテン場模様で無くてウレシイ。小屋も綺麗で感じも良く水もタダ。トイレが遠いのだけが難点ですな。楽しい夜でした。意外と暖かくグッスリ

5  うるさい団体で目を覚ます。時間を見たら5時過ぎてた山で5時過ぎなら文句も言えまい。出発は7時。このテン場はなんか皆ゆっくりだった。小屋経由で山頂。いー景色だ。笠ってこんなに展望良かったっけか!下りるのが名残惜しい。さてお初のクリヤ谷。最初は稜線。展望よし。ザレが滑る。トゲトゲの稜線は飛騨側を巻いていた。紅葉がキレイ。楽しい。ライチョウ岩から新穂高側に道が着いていてこれまた展望良し。紅葉良し。青空良しで楽しい~なかなか良いルートだった。笠って良い山だ

3_2 下山後は槍見館は石鹸不可、槍の郷は貸し切りのみでまたひがくの湯。残念!帰りにラーメンでも食べたかったけど時間が中途半端で店が分からないので解散。帰ったらあすちんから「佐藤さんからスゴイメールです!」というメール。開いてみたらまー困ったオッサンだことマツキンが良いトコとは思わないので辞めるも辞めないも本人たちの自由ですが佐藤さんから勝手に除名扱いは腹立つわね~。佐藤さんを除名にしないマツキンにも嫌気がする。やっぱりやめたいマツキン。

|

« 燕 2013/09/27 | トップページ | 2013/10/02 »

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 燕 2013/09/27 | トップページ | 2013/10/02 »